★★練習日程★★

★田中先生からの自習アドバイス

私もさすがに休みが重なり、声がでなくなってきました(下の声の鳴り)

なので、前までの録音を聞きながらおなじ発声練習をしています。

録音のあり方は発声についてはそれで大丈夫だと思います
ない方は、前回にも述べたように、高いドの音を息を吸いながら、

(吐きながら)

n

②まーみーむーめーもー
③アインザッツをいれて、低いド音から高い声を出す練習を取り入れましょう。
④息を吸いながら低い声を出し、声帯の長さを伸ばして声を出す練習も

 大事です。(バリトン、ベース)
⑤こういう時こそ、暗譜練習を
🎵
 
シルバーは筋肉が退化する可能性があるので、1日一回は発声練習を

  しましょう!

★岩撫先生からの自習アドバイス

私もなかなか気分があがりませんが、このお休み期間を利用して各合唱団の曲をしっかり練習して気持ちを奮い起こそうと思っております。
曲の練習方法ですが、HPに掲載されている音源が素晴らしく作られているので、大いに活用したらいかがでしょうか?(皆様、既にやっているでしょうか・・・(^-^;
機械なのでリズムが大変正確ですから、まずパート別音源でしっかり音取りながら練習し、しっかり歌えるようになったらAll音源で、パート音に頼らなくても歌えるように練習しましょう。
声が出せない環境の方は、聴きながら頭の中で反芻すれば暗譜に繋がると思います。
こんな事しか思いつきませんが、各自出来る事をして頂いて、練習再開を楽しみに待ちたいと思います。
                                          
岩撫智子

★KDR演奏会合同練習予定

ダウンロード
KDR合同演奏練習計画 のコピー.xls
Microsoft Excel 34.0 KB

★今週の練習★

28日と3月6日(金)の練習は、公民館が休館のためお休みです。

団員の皆様におかれましては、音源等での自習をお願いします。

「中島みゆき」「群青」は、県合唱祭で暗譜を目指します。

KDR合同曲「月光とピエロ」「鷗」もよろしくお願いいたします。

                        団長 日光俊勝

★前回の練習★

21日の練習は、「糸」、「地上の星」をメインに、その他「群青」も練習致しました。

★練習・行事計画

ダウンロード
練習、行事計画(2020年1月~3月).xls
Microsoft Excel 60.5 KB

★田中先生の指導要領

基本目標

〇音の三要素

 ・音程  !  上がりはしっかり!

         下向は下がらない!

 ・リズム    指揮者を上手に見る!

 ・ハーモニー  子音より気柱で  フォルマントを!(解説文⇒)  

 

〇発声と歌を結びつける

 ①フォーム

 ②ポジション(しゃべり声でなく歌の声で)

 ③楽譜にかじりつかない

〇フォルマント【formant】解説

声道(声門から上の咽頭,口腔,鼻腔を含む部分)内の空気の共鳴周波数に対応する倍音群。母音や鼻音流音は舌や顎を移動させて声道の形を変えることにより独自の共鳴室をつくる。こうした共鳴室に応じて母音は三つの固有の倍音すなわちフォルマントをもつ。音声分析装置ソナグラフにより図示されたソナグラムには,周波数の縦軸に沿って3本の濃い線が現れる。これを下から第1,第2,第3フォルマントと呼ぶ。重要なのは第1フォルマント(F1)と第2フォルマント(F2)であって,これらが母音の音質を決定する。

★練習風景 5/12(金)